大村市療育支援センター(ステップ)では、「親子療育」を行なっています。 子育ての始めこそ親子いっしょに楽しい時間を過ごすことで子どもたちの成長、発達は促進されます。早期の療育を親子一緒に行うことは、子どもの発達保障のみではありません。 自宅でも笑顔で一緒に過ごせるように、療育の内容を親もきちんと理解でき、親子一緒に「育つ」ことを大切に、笑顔が増えるプログラムを用意しています。 集団療育1 体を使った遊び、手指を使った遊び、感覚遊びなどを中心に、目的に応じた遊びを親子で楽しく行うことにより、お子さんの全般的な発達を促すことを目的としています。 お子さんの各々の発達に合わせた認知課題(色・形など)・操作課題(ハサミ・クレヨンなど)を行います。 集団療育2  保育所・幼稚園・こども園に就園されている(主に年長児)お子さんを対象に、子ども同士のやりとりを促す遊びやルールのある遊びなどを行います。 他児への興味を拡げ、適切な関わり方を学ぶこと・成功体験を積み重ね、自信を持って行動できる力を身に付け、就学に向けて必要なスキルを習得することを目的としています。 
 また、一斉指示において課題を遂行する活動を行い、課題内容によってお子さんに応じた対応を行います。 保育所等訪問支援   お子さんが集団活動に適応するための本人に対する支援を行います。また、訪問先の先生方へ お子さんの支援方法や環境設定などの助言を行います。大村市療育支援センター(ステップ)を利用している方を対象としています。 利用の仕方や申請など、ご不明な点はお問い合せください!